愛と友情の「金のマドレーヌ工場」@五反田 東京

金のマドレーヌ工場長の松本加奈ばななのつぶやきBLOGです。金のマドレーヌは幸せマドレーヌ!!幸せの羽根つきマドレーヌなど、みんな幸せになるマドレーヌを作ってます。食の事、オーガニックの事、つぶつぶつぶやきます!!最大限最前線でGO!

ギフト経済!ニュージーランドからの贈り物!東貴一郎

おはようございます❤️

 

愛と友情の金のマドレーヌ工場長

松本加奈バナナです!

 

昨日の夜は、完全にのび太です!笑笑

 

今日はギフト経済へのつぶやき

 

今の経済は、なにか欲しいときにはまずお金を払いますよね。すべてがお金を介して取引されています。そういった貨幣経済とは異なる人の優しさで人や物、お金がまわっていく経済を「ギフト経済」と呼びます。

 

例えば、レストランにご飯を食べに行って、お会計でお店からのプレゼントだったら??

 

どちらが、良い、悪いではなく、私はこの2つの経済の感覚が大切だと思ってます❤️両方あるからこそ、人間は当たり前にならず、感謝したり、喜んだり、より人生を楽しめるのではないでしょうか?

 

友達同士ではよく当たり前にギフト経済は起きてます。これが知らない物同士でも起きたら、心がほっこりする優しい世の中ではないでしょうか?

 

人に対してだけでなく、毎日私達は沢山のギフトを自然から頂いてます、自然にも人間から何かギフト出来たらと思います!!大切に使う、無駄を出さない、汚染出来るだけしないようにするなど、自分の出来る事を出来る時に無理なく、誰か、何かの為に、心を寄せるられたらとおもいます!!

 

 

私は自分の愛と友情の金のマドレーヌ工場をちゃんとして毎月子供の日を作って子供たちに美味しいマドレーヌを、プレゼントするのが、

一番近い未来の目標です↑↑❤️❤️

 

書きたい事は沢山ですが長くなってしまうので、

 

 

今日紹介したいのはニュージーランドの貴一郎!

f:id:goldmf:20190129091836j:image

 

ニュージーランドから毎月ギフトを日本の人達に送ってます❤️❤️❤️

 

f:id:goldmf:20190129091947j:image

今月は加奈バナナはドライフルーツもらった!

 

ポストをあける、貴一郎からの手紙が届いていて嬉しかった❤️貴一郎のすごいところは、手紙がちゃんと添えられていて、ちゃんと気持ちがこもっているのを感じました!

 

 

【東貴一郎ニュージーランドからの贈り物】

今日は「なぜ無料でプレゼントを贈るのか。」
この話を改めて説明したいと思います。

理由はぼくの過去の大きな経験が
原体験としてあります。

まずはじめに、
今やってる企画を知らない人に向けて
企画の説明からします。
知ってる方は飛ばしてください!

_____________________
NZから毎月無料でプレゼントを贈る。
_____________________

11月からぼくはニュージーランド
ワーホリで来ています。

その期間中、毎月ニュージーランドを感じられる
プレゼントを無料で贈る企画をしています。

より詳しくこちらに書いてます!

 

【NZから毎月"無料"でプレゼントを贈ります!】 - 『手ぶらでワーホリ』"金なし","コネなし","英語力なし"のNZ生活

 

ニュージーランドの生活はぼくにとって
とても貴重で楽しい時間です!

その楽しさを
「一人よりもたくさんの人と感じたい」
と思ってひらめいた方法が、

ニュージーランドからプレゼントを贈る』
でした。

さらに無料にすることで、
よりたくさんの人に届けたいと考えています!

_____________________
ほんとに無料でいいの?無理してない?
_____________________

ぼくは基本的に娯楽にあんまり興味がないです。

たばこ、酒、外食、女遊びなど
なくても生きていけます。

なので生活費がそんなにかかりません。
11月は5万1千円でした。
(ホームレスもしてたから)

なのに稼ぎは今週1週間で5万3千円。
1ヶ月の生活費がほぼ1週間で稼げる状況です。

さらに『貯金』にも興味がないです。

ぼくが興味を持ってることは、
『地球全体の幸せを増やすこと』

宗教っぽいかもしれないけど、本気です。

仮にぼくが娯楽にお金を使っても、
喜ぶのはぼく一人だけです。

お金使わずに貯金なんて論外。
銀行しか喜ばないもん。

それならぼく以外の人も一緒に喜ぶことに
お金を使いたいと思っています!

『地球上で喜ぶ人を一人でも増やしたい。』

もし"きいちろうがいない世界"という、
パラレルワールドとがあったとして。

"きいちろうがいる世界"と
"きいちろうがいない世界"が
良い方向で違ってたら嬉しいと思ってます!

 

f:id:goldmf:20190129095101j:plain


_____________________
なんでそんなことを考えるのか。
_____________________

過去のことを言うのは
あんまり好きじゃないのですが、

これからのぼくの生き方に深く関係するから
伝えときたいと思います。

ぼくの家は
小学生3年生くらいの時に火事になりました。

1日で全部なくなっちゃいました。

ぼくたち家族だけじゃ、
きっと生きるだけで精一杯になるところでした。

そんな時助けてくれたのが周りの人達です。

家がなくなったから泊めてくれる人がいて、
服がなくなったから持ってきてくれる人がいて、
ランドセルがなくなったからくれる人がいました

数日後学校に行ったら友達が募金を集めてて、

「少ないけど窓を直すお金にして!」

と窓を直すには満たないけど、
心を満たしてくれるプレゼントをくれました。

(まだぼくが知らないことはたくさんあると思う)

この経験をして、
「自分は一人で生きてるんじゃないんだな。」
って心と身体で感じたんだと思います。

自分が助けられて生きてきたから、
今度は自分が助けていく存在になりたい。

だからぼくは、
「自分と関わる人を少しでも幸せにしたい」
と考えるようになったんだと思います。

だからぼくは、
「娯楽にお金を使うより、
人が幸せになることにお金を使いたい」
と考えるようになったんだと思います。

だからぼくは、
「NZから無料でプレゼントを贈るんです。」

長かったけど、
こうやってこの企画に結びついたんです!

そしてできるだけ多くの人に
楽しみを贈りたいと思ってます。

まずは100人が目標です!!

「無料とか、気がひけるな〜」
「迷惑じゃないかな?」
悪徳商法じゃないんかな?」

とか心配いりません!!

これはぼくがぼくを幸せにするための、
いわば自己満の企画なんです。

参加してくれたら泣いて喜んでやりますよ!

こんな長いのを最後まで読んでくれた人は
ありがとうございます。

最後に1月分のプレゼントに参加する
アンケートを貼っときます。

『住所』と『名前』
があれば参加できるので、
きいちろうを喜ばすためにお願いします。↓↓

NZからの贈り物 1月分(12月31日〆切)

 

出典元 東貴一郎本人BLOG 

『手ぶらでワーホリ』"金なし","コネなし","英語力なし"のNZ生活

 

 

f:id:goldmf:20190129095035j:plain

 加奈バナナは一年後、貴一郎が日本に帰ってくるのが楽しみです。

 

貴一郎はFBもやってますので、皆さんあったことないかも知れませんが是非メッセージ応援して見てください。

加奈バナナ